健康保険組合連合会石川連合会「健康企業宣言」をはじめませんか?


「健康経営」という言葉をご存知ですか?
「健康経営」とは、企業にとって、従業員の健康保持・増進を行うことは、生産性の向上につながるものであり、これらの取り組みに必要な経費は単なる「コスト」ではなく、将来に向けた「投資」であるという考え方のもと、従業員の健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することです。この「健康経営」に取り組むことで、従業員の活力向上や企業の活性化に寄与することが期待されています。
そこで、当組合でも加入事業所の「健康経営」を支援するため、健康保険組合連合会石川連合会「健康企業宣言」への参加事業所を募集しています。

「健康企業宣言」参加及び認定事業所
●「健康企業宣言」の取組みのながれ
STEP1 【職場の健康課題の確認】
「健康企業宣言チェックシート」を記入して職場の健康状態を確認してください。職場の健康状態に応じて、「健康企業宣言エントリーシート」の中から自社で取り組みをおこなう項目を選んでください。
STEP2 【申請書等の作成・届出】
「健康企業認定申請書」「健康企業宣言エントリーシート」「健康企業宣言書」を作成してください。(「健康企業宣言書」は2部作成し、1部は事業所内掲示用、1部は提出用としてください。)
健康保険組合へ、「健康企業認定申請書」「健康企業宣言エントリーシート」「健康企業宣言書」「健康企業宣言チェックシート(写)」を送付してください。
後日、健康保険組合石川連合会が交付する「健康企業宣言証」を健康保険組合経由で送付しますので、「健康企業宣言書」とともに事業所内に掲示し健康づくりの取り組みをスタートしてください。
STEP3 【健康企業に向けた取り組みのスタート】
健康づくりの取り組みを実践します。
健康保険組合からアドバイスできる事もありますので、お気軽にご相談ください。
STEP4 【成果の確認】
「健康企業宣言チェックシート」等により取り組み状況を定期的に確認してください。PDCAサイクルにより目標達成に向けて改善しながら取り組む事も大切です。
STEP5 【健康保険組合連合会石川連合会「健康企業」の認定】
目標を達成しましたら、「健康企業宣言実施結果報告書」を健康保険組合へ送付してください。健康保険組合連合会石川連合会「健康企業」として認定された場合には、「健康企業認定証」が贈呈されます。
STEP6 【健康づくりの継続及び認定期間の更新】
事業所にとって、「健康企業」として認定を受けた後も健康づくりに向けた取組みをPDCAサイクルで継続していくことは大切なことです。
また、取り組みを継続している事業所につきましては、毎年5月末までに前年度(4月1日から翌年の3月31日まで)の取り組みについて、「健康企業宣言実施結果報告書」を提出することにより、「健康企業」の認定期間を更新することができます。

●「健康企業宣言」ダウンロード


経済産業省「健康経営優良法人認定制度」について

経済産業省では、日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を「健康経営優良法人」として認定しています。
くわしくはこちら

Back   Top

Copyright © since 2005 北陸情報産業健康保険組合 All Right Reserved.